HOME > コラム > アーカイブ > 2016年1月

コラム 2016年1月

冷え性も姿勢改善・・・

今年の冬は暖冬・・・
この言葉に少し油断をしてしまい、体調を崩してしまいました。
私は自他共に認める冷え性でした?・・・と思っていたのは浅はかでした↷

今日は冷え症について少し考えてみたいと思います。
冷え性は女性に多い症状です。
個人差はありますが、半数から7割近くが冷え性かも・・・
では何故女性に多いのか?

女性は男性に比べて皮下脂肪が多い(一般的に)
脂肪は熱を通しにくいので一旦冷えると温まりにくい
熱を作りだす筋肉が男性に比べて少ない
(逆に言えば熱の放散が緩やかなので厳寒での遭難した時の生存時間が長い・・・)

一旦冷えると温めるのに時間がかかるのに
私達はそれを沢知らない間に沢山貯めてしまっているのです。
東洋医学では生活習慣のなかで冷えにさらされることの積み重ねが原因になることがあります。
このことを、「積冷」と呼ぶそうです。


生活習慣の中で沢山思い当たることがあります。

冷たい食べ物、飲み物(体内を冷やす)
過度の甘いもの(ミネラル、ビタミン不足を招く)
季節外れの野菜、果物体(体内を冷やす)
南国の食べ物(体内を冷やす)

 
食べ物以外では

冷房、薄着 (体温調節が鈍くなる)
喫煙、運動不足(血行不良、基礎代謝の低下)
ストレス(血行不良)
便秘(基礎代謝の低下)
姿勢の悪さ(基礎代謝の低下、血行不良)
ダイエット(ミネラル、ビタミン不足)


簡単に書いてみましたが、考えてみると当てはまることが多いのではないでしょうか?
まずは何から始めてみますか?

姿勢はfavoriがお手伝いさせていただけます。
そして食生活のアドバイスも(一応陰陽セラピストのお勉強もしています)




綺麗な姿勢を保つには・・・

腸腰筋を鍛えれば美しい姿勢・・・
ポッコリお腹に腸腰筋エクササイズ・・・
衰えていく腸腰筋がポッコリお腹を作る・・・
悪い姿勢に腸腰筋・・・
猫背と腸腰筋・・・


この頃よく聞く腸腰筋
チョット検索してみたら出てくるでてくる
そこで腸腰筋、調べてみました


腸腰筋は腸骨筋と大腰筋、小腰筋の総称。
腸骨筋は骨盤の内側と大腿骨の内側を結ぶ筋肉で
主に足を上げる時に働く筋肉で、骨盤の傾き方に影響を与えます。


daiyoukin.jpg

大腰筋は腰椎(腰の骨)から大腿骨(足の骨)の内側に付着しており、腸骨筋と同じ役割を持っています。
唯一、上半身と下半身を骨盤をまたいで繋いでいます。
腰椎を緩やかに前湾させる働きがあり、大腰筋が張り過ぎると腰椎が前傾きみ(前に傾き反り腰)になり腰痛を引き起こしやすくなります。
もう一つ小腰筋と言う筋肉も存在しているそうですが、こちらの筋肉は約50%人に欠如していると言われており足の上げ下げには関係してないそうです。

daiyoukin2.jpg


大きく腰の傾きに影響してるので、前傾による反り腰、お腹ポッコリ、腰痛、後傾による背中真っ直ぐ頭が前、猫背等
姿勢に確かに大きく関わっています。
足を上げるのに使われる筋肉なので、この筋肉が衰えると歩行にも影響が出ます。
そして大きな筋肉なので代謝も悪くなります。

歩けない・・・
転ぶ・・・
代謝は悪くなるので太る・・・


確かに重要な筋肉です。
鍛えるというより使う、まずは意識することから始めては如何でしょうか・・・




ポッコリお腹も原因は猫背?

前回は背中が真っ直ぐで、頭が前に出ている猫背について書きましたが、
今回は反り腰で猫背についてです。

足の上に骨盤はのっているが、従来のポジションよりも、骨盤の前への傾きが強く腰が反り、
バランスをとる為に背中を丸め、頭を前に出す。


onakapokkori.jpg


左の状態です。
お腹に力が入りにくく、腹筋を使わない
     ↓
お腹まわりや横隔膜周辺の筋肉が衰えてくる。
     ↓
肋骨が下がり、下がった肋骨が下腹を押し出した結果が「ぽっこりお腹」

今、細い方でもお腹だけポッコリ
意外と多いです、特に若い方・・・
思いあたる方いらっしゃるのではないでしょうか

姿勢を正してポッコリお腹とおさらばしませんか?


姿勢が良ければ5歳は若く見られる

シャキっと背筋を伸ばして颯爽と歩いていると目が行きますよね、年齢に関係なく・・・
逆に若い人でも背中を丸めて、足をひきずって歩いていれば残念と思います。

人間はまず視覚から入ります。
見た目年齢が若い、と感じさせる「見た目」からのポイントで一番重要なのは姿勢です。


20160108191850-7389686ad960120884cce0d2a21ec013f673e8d0.jpg



この写真は背中は真っ直ぐですが、頭が中心より前へ
背中は前に引っ張られ、胸は縮んでいます
すると胸は下へ向いてしまいます。

また、肩の位置が前にがずれることで、肩についている力こぶの筋肉(上腕二頭筋)が硬くなってしまいます
すると、逆側の筋肉(上腕三頭筋)は力が入りにくくなり、たるんでしまいます。
これがご存知の「振り袖」の正体です。

首が前に出ることで頭の重みがかかり首、肩が辛くなります。
そしてこの場合、腰周辺が硬くなり腰痛の原因に・・・

猫背には色々なタイプがありますが、私はこのタイプでした。
今でも姿勢が崩れると、首、肩、腰痛となります。
猫背は体の不調も、もれなくついてくるのです。










青山学院大学のゴールは笑顔が素敵

今年の駅伝も昨年に続き青山学院大学が優勝
それも完全優勝!
強かった・・・

去年も思ったのですがゴールするときの笑顔が素敵
多くのチームは必至で苦しそうでやっとのゴール
この差は何?

原監督は箱根駅伝の経験が無い・・・
だから固定観念にとらわれず良いと思うことやった
激しいトレーニングも必要ですがコアを鍛える
姿勢に必要な背骨、骨盤をナチュラルに


背中が丸まってしまえば胸が縮む→呼吸が浅くなる
横隔膜も動きが悪くなる
酸素が体内に入らない、回らない・・・
辛い、きつい、頑張るという副交感神経が優位に立つ

骨盤、背骨をナチュルに・・・
そして筋肉を緩めてあげれば必然的にでも姿勢よくなり、胸が開くことで楽、ゆるい、笑顔の副交感神経が優位にたてば
自然と楽しくなります。

他の大学に比べて少しチャラチャラして言うという人もいるようです。
でもすべきことはしっかりやっているのです。
楽しみながら走ることを習得したのではないでしょうか?
本人たちも言っています 「楽しんで走りたい」
以前では聞けない言葉でした 
これって最高ではないでしょうか?

IMGP0797.jpg

優勝おめでとうございます
そして楽しませてくれてありがとうございます。

1

« 2015年12月 | メインページ | アーカイブ | 2016年2月 »