HOME > コラム > アーカイブ > 猫背

コラム 猫背

姿勢が良ければ5歳は若く見られる

シャキっと背筋を伸ばして颯爽と歩いていると目が行きますよね、年齢に関係なく・・・
逆に若い人でも背中を丸めて、足をひきずって歩いていれば残念と思います。

人間はまず視覚から入ります。
見た目年齢が若い、と感じさせる「見た目」からのポイントで一番重要なのは姿勢です。


20160108191850-7389686ad960120884cce0d2a21ec013f673e8d0.jpg



この写真は背中は真っ直ぐですが、頭が中心より前へ
背中は前に引っ張られ、胸は縮んでいます
すると胸は下へ向いてしまいます。

また、肩の位置が前にがずれることで、肩についている力こぶの筋肉(上腕二頭筋)が硬くなってしまいます
すると、逆側の筋肉(上腕三頭筋)は力が入りにくくなり、たるんでしまいます。
これがご存知の「振り袖」の正体です。

首が前に出ることで頭の重みがかかり首、肩が辛くなります。
そしてこの場合、腰周辺が硬くなり腰痛の原因に・・・

猫背には色々なタイプがありますが、私はこのタイプでした。
今でも姿勢が崩れると、首、肩、腰痛となります。
猫背は体の不調も、もれなくついてくるのです。










青山学院大学のゴールは笑顔が素敵

今年の駅伝も昨年に続き青山学院大学が優勝
それも完全優勝!
強かった・・・

去年も思ったのですがゴールするときの笑顔が素敵
多くのチームは必至で苦しそうでやっとのゴール
この差は何?

原監督は箱根駅伝の経験が無い・・・
だから固定観念にとらわれず良いと思うことやった
激しいトレーニングも必要ですがコアを鍛える
姿勢に必要な背骨、骨盤をナチュラルに


背中が丸まってしまえば胸が縮む→呼吸が浅くなる
横隔膜も動きが悪くなる
酸素が体内に入らない、回らない・・・
辛い、きつい、頑張るという副交感神経が優位に立つ

骨盤、背骨をナチュルに・・・
そして筋肉を緩めてあげれば必然的にでも姿勢よくなり、胸が開くことで楽、ゆるい、笑顔の副交感神経が優位にたてば
自然と楽しくなります。

他の大学に比べて少しチャラチャラして言うという人もいるようです。
でもすべきことはしっかりやっているのです。
楽しみながら走ることを習得したのではないでしょうか?
本人たちも言っています 「楽しんで走りたい」
以前では聞けない言葉でした 
これって最高ではないでしょうか?

IMGP0797.jpg

優勝おめでとうございます
そして楽しませてくれてありがとうございます。

猫背を改善には巻肩の改善が不可欠

巻肩とはどういう状態なの?

肩が体の内側に巻いてしまっている状態です
正式名は上腕骨頭前方突出といい、別名を前肩と言います。

巻肩になるとどのようなことが体におきるのか?
肩が内に巻いてしまうとき、胸などにある筋肉は縮んだり、引っ張られたりして
アンバランスな状態にとなり、体が緊張し、硬くなってしまいます。びようめ

体が硬くなった状態は体内の水や血液の循環が悪くなり、直接関係の無い場所にも
不調が起こります。

肩凝り、腰痛、頭痛、むくみ、冷え、目の疲れ、不眠、生理痛など
例を上げるときりがありません
巻肩は様々な症状に関係しています。


巻肩になることによって胸の筋肉が縮まり、その縮んだ筋肉と繋がっている肩の後ろの肩甲骨回りの筋肉が引っ張られて、
背中が丸くなっていくことで巻肩から猫背の状態になっていきます。


では猫背値巻肩の違いは?
巻肩は肩が内側に巻き込まれている状態、背中は丸まっていない
猫背は巻肩になり、さらに背中から丸まった姿勢にもなり、下腹もポッコリ、お尻も突き出ています。

健康面のみならず美容面からかかわって来るのです。
巻肩の方は猫背になる前に改善をしておく必要があるのです。

猫背は自立神経にも影響が・・・

自立神経がどういうふうに猫背に影響するの?
だいたい自立神経て何?

解りやすく言えば人間の体の中にある様々な機能を人間が活動しやすいように
毎日毎日、休まずに調整している神経です。

自治津神経は、交感神経と副交感神経の2つの神経系から成り立っています。
起きて活動している時は交感神経が優位に立ち、リラックスしたり眠っている時は
副交感神経が優位に立ち、双方バランスを取りながら体を調節しています。


自立神経が乱れるのは、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかないときです。
上手くいかないと睡眠のリズムが乱れて眠りの質が低下したり、疲れが取れにくいなど様々な
症状に繋がります。

また自律神経が乱れる原因の中には呼吸が関わってきます。呼吸は自立神経を調整しているので
呼吸が浅くなるとバランスが乱れやすくなり、逆に呼吸が深いとバランスは保ちやすくなります。

では何故呼吸が浅くなるのか?

原因の一つとして胸の筋肉が縮んで呼吸がしずらくなるからです。
肩甲骨や背中が丸まり猫背になると、胸が縮んで呼吸が浅くなってしまうのです。
大きく深呼吸しても酸素は余り入ってこないのです。

呼吸が浅くなることで自立神経のバランスが崩れ、体調不良の原因にも繋がっていきます。
猫背は見た目だけではなく、身体の不調をも起こしてしまうのです。
たかが猫背と思うかもしれませんが、想像以上に大変なことなのです。






本当に猫背?

私は昔、猫背だった・・・
それもひどい・・・

でも、言っても誰も信じてくれません
嬉しいことに

そう、猫背は改善されるのです
それは私を見ていただければ納得していただけるのでは・・・

では猫背はどうしてなるのか?
普段の悪い姿勢、習慣、テレビ、スマホ、PCと挙げたらきりがない
今の環境は猫背にならない人の方が少ないのではないでしょうか?

では猫背と姿勢の良い人の差は?
どれだけ気にしてそれを行動に移すか!

私も昔、猫背、猫背と言われるのが嫌で一生懸命背中を伸ばして生活しました(20代の頃)
でも1週間もしないうちに胃が痛くなって食事が出来なくなりました
それ以来猫背を改善するのは無理と思っていました

でも腰痛、首、肩コリと悩まされ病院、接骨院、整体と通いました
いったいどの位時間とお金を使ったのでしょうか?

そこで必ず言われるのが猫背だから・・・
背中を伸ばしなさい・・・

でも無理に背中を伸ばすとまた胃がいたくなるし・・・
そこで始めたのがピラティス
ピラティスを始めて気がついたのが骨盤が後傾していると言うこと

骨盤が後傾しているとお尻が下がります
当然背中の筋肉が引っ張られて腰痛になります

背中は真っ直ぐに(首のストレートネックと一緒)上からの重さが直接かかり負担が大きくなります。
後ろに倒れないように体がバランスを取るので自然に頭が前に行きます。

私の猫背の原因の一つが骨盤の後傾
そう、骨盤にあったのです。
猫背が改善されると腰痛も無くなりました
あんなに通っていた接骨院、今は全くお世話になっていません。

だから骨盤の矯正、背中の矯正は猫背改善には必要不可欠なのです。
favoriの美容矯正はまずここを大事に丁寧に施術をさせていただきます。











1

メインページ | アーカイブ