HOME > オステオパシー

オステオパシー

効果が持続しリバウンドしないfavoriの美容矯正オステオパシーって?

オステオパシー誇張法は、悪さをしている関節に対してとても弱い力で機能障害(行きやすい)の方向に動かしていきます。
機能障害を誇張させることによって、脳神経にその状態を把握させ正常な状態に戻す信号を出させます。 その結果自然治癒力(戻ろうとする力)が働き、からだの歪みがとれるのです。
伸びている靭帯をより伸ばし、縮んでいる靭帯をより縮め、時間をおくことで正常に戻るという靭帯の性質を生かした施術法。


オステオパシー

オステオパシーは、1874年にアメリカの医師アンドリュー・テイラー・スティル博士が発表したのを起源とする医学です。1910年には正式の医学としてアメリカで公認され、現在アメリカでは、通常の医師と同等にオステオパシー専門医として全米で認められています。
日本では、1910年頃に伝えられ、我が国に紹介した人が独自の方法を付け加えて整体のひとつとしたため、普及しませんでした。

  • 1. 人体はひとつのユニット(構造)である。
  • 2. 人体は自然治癒力を持つ。
  • 3. 人体のさまざまな器官や組織は物質でできており、その不調和や歪みが病気を引き起こす。
  • 4. 人体の機能とその構造は互いに関係し合い、その調和を図る

と考えあらゆる器官に対する技術を持ち患者を身体・心・精神の3つから成るユニットとして捉え、診察し、手技により治療を行う療法のことです。


favoriの美容矯正

favoriの美容矯正はオステオパシー誇張法をメインにオステオパシー、カイロプラクティックの手技を菅会長が独自開発を組み合わせた技術です。
身体は、骨格、筋肉(内臓含む)、脳神経等により構成されています。
206個の骨が繋がり組み合わさって、骨格(身体の骨組み)ができています。
そして、骨と骨を繋ぎあわせているのが靭帯です。
筋肉は、骨と骨の間の関節をまたぎ、関節を動かし同時に身体の外側を作りし、身体を守っています。
脳は神経を通して、身体の状態を把握し的確な命令を出し全身をコントロールしています。
体をひとつのユニットと考え、それぞれのユニットが関連し機能しています。
骨格(関節)の動きが悪くなれば、関節を動かす役目の筋肉にも影響が出てきます。

動きの悪い骨をまたいでいる筋肉は、当然動きが鈍くなります。
背骨の椎骨(椎骨と呼ばれる骨が連結)が制限されると、そこから出ている神経が圧迫されたり引っ張られます。また間違った信号を脳に送り間違った指令が出されてしまいます。
神経が支配している筋肉や内臓の機能が低下し関節の動きが制限され、関節を動かす役目の筋肉にも影響が出てきます。また動きの制限のある骨から出ている筋肉は、ここでも動かなくなり機能が低下し、張りが出て固くなり他の所を引っ張り歪みの原因となります。
まずは骨格系(背骨)の動きを正常に戻し、関連する靭帯や筋肉の制限を正常化させることから始めます。腰椎5番4番を含めた骨盤部、背骨を重点的に矯正をかけていきます。ここが変われば顔は劇的に変わります。でも顔だけを矯正しても体の歪みを変えるのは難しいのです。顔の歪みは、骨盤部を含めた脊柱の歪みの結果だったのです。


喜びの声メニューセラピスト紹介お悩み別解決方法
区切り
初回限定キャンペーンはこちら!